杉山和一資料館建設募金についての(お願い)

(公社)東京都鍼灸師会会員の皆様へ
杉山和一資料館建設募金の趣意にご賛同し、ご協力いただける先生は募金よろしくお願い申し上げます。

杉山和一生誕400年記念事業 記念館(資料館)建設募金趣意書

                          公益財団法人 杉山検校遺徳顕彰会
                                理事長 和久田 哲司
                        杉山和一生誕400年記念事業実行委員会
                                 委員長 時任 元清

現代日本鍼灸の基礎を築いた江戸時代の全盲はり医、杉山検校和一(1610~1694)は、2010年をもって生誕400年になりました。奇しくも、最近、関係古文献も公となり、歴史的研究も深まってまいりました。そこで、和一への報恩感謝の念を込め、日本鍼灸の未来への飛躍の礎となるべく、記念館建設事業を計画いたしました。
 和一は、日本のはりの特徴である管鍼を考案し、徳川幕府の公認した「鍼治導引稽古所」において、その教育を行い、またたく間に全国に普及して現在に至っています。
 徳川五代将軍綱吉の病を治し、その功績により賜った江島杉山神社の現在地に、資料館の保存・公開、研究会などの開催施設として、記念館を建設いたします。
 世界に冠たる日本鍼灸発展のため、当財団の趣旨をご理解いただき、基金募集にご賛同・ご協力をお願い申し上げます。

杉山和一業績
①日本鍼術の特徴として管鍼の考案
②世界で最初の視覚障害者教育確率
③視覚障害者の職業としての鍼灸、導引を定着し、その社会的自立の道を拓いて社会福祉の先達となった。
④江戸時代の視覚障害者団体の組織固め、音曲および金融事業の確立に尽力した。

【備 考】
①すべての寄付者名を芳名録に記録保存し、10万円以上ご協力頂いた方は、ご芳名を銅板に刻して感謝の意を表します。(寄付金は税の控除対象となります)
②払込用紙をご利用下さい。
 払込先 郵便振り込み 00190-5-281484
     杉山和一記念館(資料館)建設募金
③連絡・問合せ先 鹿浜秋信(常勤理事)
TEL/FAX 03-3899-2383

[実行委員・発起団体]
社会福祉法人 日本盲人会連合
公益社団法人 東京都盲人福祉協会
社会福祉法人 日本盲人社会福祉施設協議会
公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会
公益社団法人 日本鍼灸師会
公益社団法人 日本あん摩マッサージ指圧師会
公益社団法人 全国病院理学療法協会
一般社団法人 日本医史学会
       東洋はり医学会
       日本理療科教員連盟
       墨田区千歳1丁目・2丁目中央町内会

[協力支援団体]
公益社団法人 東洋療法学校協会
       全国盲学校PTA連合会
       全国盲学校長退職校長会
       日本理学療法機材工業会
社会福祉法人 桜雲会
社会福祉法人 東京ヘレンケラー協会

資料館イメージ図