後期療養費取扱い講習会の報告

平成27年11月21日(土)日本鍼灸会館にて後期療養費取扱者講習会を開催しました。

三連休の初日で心配しましたが、出席者は約100名で、会員以外の参加もありました。  髙田常雄会長の挨拶に続いて、東京都福祉保健局保健政策部 国民健康保険課長の鈴木和典氏を講師に迎え、「国民健康保険の近況」と題してご講演を頂きました。
国民健康保険は、平成30年より財政的な運営主体は都道府県に移管されていくものの、保険証の発行などの窓口業務や保健事業は引き続き市町村が担うとのことでした。

保険勉強会HP画像

ご講演される
東京都福祉保険局
鈴木和典 国民健康保険課長

 

 

 

また小林潤一郎先生からは、日本鍼灸師会全国保険部長会議の報告。および医師向けに鍼灸療養費の講演をした際に医師側から受けた質問などから、同意のお願いをする時に注意すべきキーワードを講義して頂きました。  
続いて金 信行先生からマッサージ療養費について、前期の講習会に引き続き講義して頂きました。  
最後に療養費申請ソフト製作者の松崎宏氏より、バージョンアップの説明を受けました。今回は同意期限一覧表が新設されて、印刷して手元におけるので利便性が高まりました。

今後も引き続き療養費に適正化に向けた取組みを行って参ります。

報告者 保健福祉事業部 伊集院 克