ヒアリ(火蟻)に気をつけて!!

ヒアリに気をつけて-001

事務連絡
平成29 年6月23 日
都道府県衛生主管部(局)御中
厚生労働省健康局がん・疾病対策課
ヒアリに刺された場合の留意事項について
平成29 年5月に兵庫県尼崎市で、同6月に神戸市で発見されましたヒアリに
ついて、ヒアリに刺された場合の医療的留意事項について連絡いたします。
ヒアリは、南米原産で体長は2.5~6mm 程度、体色は主に赤茶色の有毒のア
リです。世界では北米や中国、フィリピン、台湾等にも外来生物として侵入・
定着しており、世界各地で大きな問題となっています。
ヒアリは、極めて攻撃性が強いとされており、刺された際には、アルカロイ
ド毒により、熱感を伴う非常に激しい痛みを覚え、水疱状に腫れ、その後、膿
が出ます。
さらに毒に含まれる成分に対してアレルギー反応を引き起こす例があり、局
所的、または全身にかゆみを伴う発疹(じんましん)が出現する場合がありま
す。欧米においては、アナフィラキシー症例も報告されています。
ヒアリの毒には、アルカロイド毒であるゾレノプシン(2-メチル-6-アルキル
ビペリディン)のほか、ハチ毒との共通成分であるホスホリパーゼやヒアルロ
ニダーゼなどが含まれています。そのため、ヒアリに刺された経験が無くても
ハチ毒アレルギーを持つ方は特に注意が必要です。
ヒアリに刺された方がアナフィラキシー症状を引き起こした場合、アドレナ
リンを注射するなどの適切な救急処置をとる必要があります。
貴部(局)におかれましては、本事務連絡の趣旨を御了知いただくとともに、
貴管下の関係医療機関宛てに周知いただきますようお願いいたします。
なお、咬まれた時の対処方法を含め、ヒアリの特徴、生態、駆除方法等の参
考として、平成21 年に環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室から発行さ
れた、『ストップ・ザ・ヒアリ』もご参照ください。
https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf
以上
照会先厚生労働省健康局がん・疾病対策課
貝沼(内線2291)
魚谷(内線2975)
(代表番号)03-5253-1111
ヒアリ(火蟻)に注意
ヒアリは、これまで日本では見つかっていませんでしたが、6 月
以降、各地で見つかっています。ヒアリの多くは、外国から運ば
れてきたコンテナの中や、コンテナを水揚げするコンテナヤード
で見つかっています。
特徴
・ 体長は2.5mm~6.0mm ほどの小さな赤茶色のアリで
す。
・ 南米原産ですが、北米、中国、オーストラリアなどで
定着しています。
・ 土で大きなアリ塚を作り、集団で生活します。
・ 攻撃性が強く、棒などで塚をつつくと、集団でワッと
出てきて襲いかかります。
見分け方
小さいため見分けるのは難しいですが、肉眼でわかる特徴もあります。
・ 赤っぽくツヤツヤしている。腹部(おしり)の色は暗め。
・ 働きアリの大きさは2.5mm-6.0mm。色々な大きさのアリが混じっている。
→ 違う種類:黒いアリ、2.5mm 以下の小さなアリ、6.0mm 以上の大きなアリ
お願い
ヒアリに似たアリの集団がいて、駆除をお考えの場合は、最寄りの環境省の地方環境事
務所や、都道府県の環境部局にご相談ください。
ヒアリが集団でいる場合は、むやみな駆除は拡散させるおそれがあるほか、日本には在
来のアリ(270 種以上)がいて、生態系の中で重要な役割を担っており、全てのアリを駆除
してしまうことは、日本の生態系を壊してしまうことにつながりかねません。
もしも、アリに刺されたら
・ ヒアリであれば、刺された時に熱い!と感じるような激しい痛みがあります。
かゆみ、膿、はれ、じんましんや、アレルギー症状が重篤な場合はアナフィラキシー
症状(呼吸困難、血圧低下、意識障害)を引き起こす可能性もあります。
・ 異変を感じた場合は、直ちに医療機関を受診してください。
2017 環境省