2019年度臨床鍼灸スポーツトレーナー研修会

2019年度臨床鍼灸スポーツトレーナー研修会チラシ (002)

スポーツトレーナー研修の取り組み

2019年度 臨床鍼灸スポーツトレーナー研修会

第1回のお申込みはこちら

〇実施要項

1.理念
 スポーツに親しむ人々の健康と幸せを支えるスポーツトレーナー鍼灸師を育成します。

 私たちは、伝統医療の国家資格を有するはり師・きゅう師ができる支援を目的に、子どもから高齢者まであまねく人々が生涯にわたって健康を維持し、安全に楽しく活躍できるスポーツボランティア活動と日常臨床に活かせるための研修事業を行います。競技スポーツ・生涯スポーツを通し健康管理を目標としたスポーツ外傷の救急処置、障害予防、スポーツ鍼灸学、スポーツ栄養学、スポーツ心理学、リハビリテーション、トレーニング、コンディショニング等を学ぶことを理念とします。

 2.研修内容

〇スポーツボランティア活動の基礎知識と連携

〇スポーツ障害の鍼灸治療に関する知識と技能

〇機能解剖・運動学的な知識

〇スポーツ外傷の救急処置に関する知識と技能

〇スポーツ外傷の予防対策に関する知識と技能

〇競技者のスポーツ復帰への知識と技能

〇競技者のリコンディショニングに関する知識と技能 

〇老年医学とスポーツ医学の共通性に関する知識と技能

 3.研修単位

 座学3回(9月、12月、2月開催予定) 研修単位12単位取得

 一回につき講義90分(2単位)×2コマ 

 4.2019年度臨床鍼灸スポーツトレーナー研修会の実施予定

研修時間:13:00~16:30(12:30開場) 休憩込み210分

開催会場:白寿生科学研究所本社講堂
アクセス:https://www.hakujuhall.jp/access/

     東京都渋谷区富ヶ谷1丁目37-5

     東京メトロ千代田線「代々木公園駅」、小田急線「代々木八幡駅」徒歩5分

定員:100名(定員に達し次第、受付終了とさせていただきます)

当日の緊急連絡先:090‐2745‐3365 (担当:細木)

 第1回 9月1日(日)

「スポーツ障害に対するアプローチシリーズ1」

演題:「運動療法を取り入れた上肢スポーツ障害への対応」

紀平先生顔写真 IMG_8017-4講師:呉竹学園東洋医学臨床研究所 紀平晃功先生

略歴:一社)メディカルフィットネス協会トレーナー

月刊『トレーニング・ジャーナル』編集部

社会人ラクロスクラブNeO(ネオ)チームトレーナー

東京医療保健大学女子バスケットボール部サポートスタッフ

株式会社ウィンゲートアドバイザリースタッフ

 

 

 

講義内容

〇肩のスポーツ障害について

〇鍼灸+運動療法

〇テーピング

・肩のスポーツ障害に関する状態と治療につながる見分け方のエビデンスを解説。

・より早くより確実に選手が治るよう治療法については、鍼治療を含めて、運動療法とテーピングを紹介。

・実技は、主体的に参加して学んでいただき、実際に臨床の場でスポーツ選手や患者様に還元していただきたい。

第1回お申込みはこちら

 第2回 12月1日(日)

「スポーツ障害に対するアプローチシリーズ2」体幹シリーズ(予定)

講師:一社)キネシオテーピング協会会長 加瀬剛先生

略歴:佼成学園高等学校アメリカンフットボール部ヘッドトレーナー

キネシオ接骨院院長

講義内容:体幹に対するテーピング

 第3回 2月2日(日)

「スポーツ障害に対するアプローチシリーズ3」下肢シリーズ(予定)

講師:三宅スポーツマッサージ 三宅公利先生

5.受講料(座学1回分)

会員(正会員・新卒会員・S会員 ) 3,000円

協力会員校専任教員       3,000円

学生会員            2,000円

共催県師会員(千葉県・茨城県)   3,000円

一般              5,000円 

学生              3,000円

※研修会申込は2018年度は3回分の一括でしたが、2019年度より単回毎といたします。

「第1回のお申込みはこちらから」(第2回は第1回の終了後に受付開始します。)

 6.(公社)東京都鍼灸師会が公認する「公認スポーツトレーナー鍼灸師」について

【公認に必要な要件】

〇研修単位12単位と実習単位5単位の合計17単位を取得

(次年度への単位の持ち越しは出来ません。今年度に取得した単位が対象です。) 

スポーツトレーナー研修会:座学3回で研修単位12単位を取得

実習単位と認める活動:東京マラソン、新宿ハーフマラソン、

練馬こぶしハーフマラソン、目黒シティーマラソン、

MINATOマラソン 各ボランティア 各実習単位5単位を取得

※単位管理はGKカード(学術研修管理システム)にて行うため、研修会・実習にはGKカードを必ず持参すること。(公財)東洋療法研修試験財団 生涯研修実施履修単位講座(予定)

 〇心肺蘇生法とAEDを含む3時間以上の内容の講習会の受講

 ※後日、東鍼会主催の講習会を人数限定で実施する予定です。

【公認対象者】

正会員・S会員 ・日本鍼灸師会共催県会員

【公認期間】

取得より3年間とする。

【公認料・更新料】

各3,000円

7.2018年度の研修会申込者について

〇2018年度に研修会にお申込みいただいた方は、今年度の研修会を該当の回数を受講することができます。

・2018年度に2回受講された方:1回受講することができます。

・2018年度に1回受講された方:2回受講することができます。

今年度の受講をご希望の方は、上記フォームより再度お申込みください。

また、2018年度の受講カードをお持ちの方には今年度もご持参ください。

8.東京マラソンボランティアの参加要件

以下のいずれかの要件を満たし、尚且つ「東京マラソン事前研修会(予定)」を受講する必要があります。なお上位であるほど優先的に参加お申込みいただけます。

①公認スポーツトレーナー鍼灸師 取得者

②過去に3回以上東京マラソンボランティアに参加された経験のある会員

 ③2019年度 臨床鍼灸スポーツトレーナー研修会に一回以上参加された方

(東京マラソンボランティア参加経験がない、または2回以下の方は、今年度開催の臨床鍼灸スポーツトレーナー研修会に一回以上参加する必要があります。) 

※施術をしないアシスタントの学生については、事前研修会(予定)のみの受講で参加を認めます。

公認スポーツトレーナー鍼灸師 氏名(公認登録順)はこちら